コミュニケーションについて いい話っぽい

ずいぶんと古い人と思われるかもしれませんが、たしかにピチピチ🎶じゃないですけど・・・


でもね、携帯電話やメール、インターネットなどまぁSNSってところのサービスで気持ちや情報を伝えるのにこんなにも便利な世の中になるとは誰が想像できたでしょう。


ただ、それによって人と人との相互理解が進んだか?というと、、、、残念ながらそうではない気もします。


いさかいは減るどころか、逆にコミュニケーション不足による事故や事件は多くなっているようにも感じます。それは大小問わず。


その一因は、些細な誤解があるからなんですよね。例えば、スマホでメールを書いて送信ボタンを押せが、その瞬間に「伝えた!」って思いこんで、見ていない受信者側をつい非難してしまったり。


他にも、単なる言葉の打ち間違いが、相手の心のしこりになって大きなトラブルをのちに引き起こしたり。


伝える手段が多いのはありがたいのですが、伝え方には長短があって、手間がかかっても直接話し合ったり、手紙を書いたりする事も時には必要なのかもしれませんね。


ちょっと良くできたと自分をほめたい文句がこちら
「”情けに報いる”と書いて”情報”、伝わればよいのではなく、良く伝えようとする心がけを忘れないこと」


これ、いつか部下の子たちにも教えてあげよっと


この記事へのコメント


誹謗中傷以外のコメント、お待ちしています!未熟ながら「学んだことは誰かに教えてものにしていく」という教えをこのような形で実践しています。  皆さまからのご意見なども参考に取り組んでいきたいと思います。  よろしければ、他の方の同カテゴリ人気のブログもご覧下さい。

最近の記事

過去ログ