たまごの食べ過ぎは良くないと信じてる?

健康のために、血中コレステロール値のことを気にしている人も多いのではないでしょうか?


「コレステロール」というとどんな食品を思い浮かべますか?コレステロールは心筋梗塞などにもつながる動脈硬化のリスクを高めることがよく知られ、「悪者」というイメージが広く定着していますよね。


そもそもコレステロールは「悪者」なんでしょうか?そして、コレステロールと食事はどう関連するの・・・。


実は欠いてはならない脂質である


先日、食事をしたとき(出張先で上司との朝食時)、「コレステロールが気になる」と、卵焼きを残そうとしていました。医者からも「卵を食べすぎないように」と言われたらしいのですが、、、。


かつては「卵は1日1個まで」とよく言われていましたよね。しかし、いまではこのようなコレステロールを多く含む食品を食べても血中コレステロール値には影響がないとされています。裏付けとして、厚生労働省は2015年に日本人の食事摂取基準からコレステロールの上限値を撤廃しています。


ですが、「コレステロールの高い食品を食べすぎるな」という考えは、いまだ多くの人に浸透しているようです。


コレステロールは脂質の一種です。脂質は水に溶けにくく、有機溶媒に溶けやすい物質とされています。「???」って感じですよね。生体内の主な脂質は中性脂肪、リン脂質、脂肪酸、そしてコレステロールなどと種類も多い訳ですが、それぞれ重要なはたらきをしています。
medama.jpg


脂質の重要は働きとは?


たとえば、中性脂肪は効率のよいエネルギー源として活用されています。また、リン脂質コレステロールは細胞膜の成分として重要です。


近年では、脂質メディエーターとよばれる、生理活性物質としての脂質の機能も注目されているんです。まだ詳しいところにたどりついていないのですが、これは生体内の重要な生理作用を担うもので、その代謝異常はアレルギー性疾患や糖尿病など生活習慣病に関与するとされています。


コレステロールは細胞膜の成分として体中に存在し、細胞膜を安定化させるとともに、細胞内を出入りする水や物質のコントロールに重要な役割を果たしています。また、消化を助ける胆汁酸やステロイドホルモンなどの材料としても欠かせません。


コレステロールは腸粘膜や皮膚、腎臓など体中の組織で合成されますが、その中心は肝臓になります。


肝臓で合成されたコレステロールは、血液によって全身の細胞に運ばれます。しかし、水には溶けないコレステロールは、そのままでは運ぶことができませんよね。そこで「リポタンパク質」という水にも脂質にもなじみやすい性質のタンパク質と複合体をつくり運ばれます。


運ばれるのはいいのですが、過剰に摂取された場合はどうなるかと言うと、細胞内で過剰になったコレステロールは肝臓に戻されます。やはりそのままでは運べないのでリポタンパク質との複合体をつくります。こうした仕組みで生体内のコレステロールの濃度は保たれているのです。


ちなみに、小腸で吸収した食事由来の中性脂肪などの脂質も肝臓に運ばれる。もちろんこれらも水に溶けないので、リポタンパク質との複合体がつくられて移動しています。


この記事へのコメント


誹謗中傷以外のコメント、お待ちしています!未熟ながら「学んだことは誰かに教えてものにしていく」という教えをこのような形で実践しています。  皆さまからのご意見なども参考に取り組んでいきたいと思います。  よろしければ、他の方の同カテゴリ人気のブログもご覧下さい。

最近の記事

過去ログ